高く買い取ってもらえる漫画の条件

買い貯めた漫画も多くなってきたから、いらない分を売りに出そうと考えている人も多いのではないでしょうか。
でもせっかく買った漫画ですから、できるだけ高く買取してもらいたいものですよね。
ここでは、どんな漫画が高く買取してもらえるのかを紹介してみたいと思います。

定価の1割が買取の相場

漫画買取といってもどんなものでも高く売れるわけではありません。
通常、中古の漫画の査定額は10パーセント程度が相場だと思っていればいいでしょう。
つまり、500円程度のコミックなら買取価格は50円くらいというわけです。
しかし中には40パーセントや50パーセントで買取してくれるものもあるのです。
ではどんな漫画がそんなに高値で買い取ってもらえるのでしょうか。

高く売れる漫画とは?

まず、流行っている漫画や話題性があって一世を風靡している漫画が挙げられます。
また、ドラマ化や映画化されたものも需要が高まることから高買取が期待できます。
次に、コレクション性の高い漫画や中古流通数が少ないものも高額買取してもらえる割合が高いです。
こういった漫画は「手元に置いておきたい」「もう一度読みたい」という人が購入するので、さらに市場への流通が少なくなりがちです。
さらに「完全版コミックス」などといって一度コミックになった漫画を再編集したものも買取価格が高めの傾向があります。
そして、長きにわたって人気を誇る漫画や世代を問わずに読まれている漫画も買取率が高いといえます。

漫画買取全般に言えるのですが、新しいものほど高く買ってもらえます。
たとえば人気漫画で最初の1巻や2巻は50円程度の買取価格であっても最新刊なら200円程度だったり、さほど人気がない漫画でも発売3カ月以内で定価の20〜30パーセントでの買取も可能ですが、後になるほど安くなり1年後には10パーセントというケースが大半です。
したがって、手元に置いておきたい、のちのち高値がつくかもというもの以外は、読んだらできるだけ早く買取に出すといいでしょう。

関連する記事