漫画を売る際の3つの方法

読んでしまった漫画を売りたいと考えたとき、どんな方法が最もいいのでしょうか。
漫画を売る場合、古本屋に売る、ネットオークションに出品する、そしてインターネットの宅配買取で売る、の3つが主な方法として挙げられます。
これらの方法について、簡単に見ていきましょう。

古本屋に売る場合

まず古本屋に売るのは、本を売りたいと考えたときに誰もがすぐに頭に浮かぶ方法でしょう。
比較的店舗も多いので手軽に利用できるうえ、対面で買い取ってもらえるという安心感があります。
ただ、実際に漫画を持っていかなければならないので、量が多かったり重い場合には大変です。
またプレミア本といったマニアには価値のあるものなどでも「ただの中古コミック」という査定しかしてもらえないという点はデメリットといえるでしょう。

ネットオークションは高値で売れるけれども…

では、ネットオークションで売る場合はどうでしょう。
はっきり言って前述した3つの方法で最も高く売れるのがネットオークションでしょ
購入希望者と直接取引をすることもあり、特にプレミア物になればかなりの値段で売れることが期待できます。
しかしすぐに売れるかどうかはわかりませんから、ある程度時間をみなければなりません。
さらに大きなデメリットは、面倒であるという点です。
特にはじめて出品する人やあまりオークションを利用したことがない人にとっては非常にややこしく感じるでしょう。
登録から出品手続き、写真の撮影、そして買い手がついた時には発送手続き、お金の受け取りなど、かなりの手間がかかります。

ネット宅配買取はおススメ

ネットの宅配買取なら、上記2件のデメリットが解消されます。
持っていく手間は掛かりませんし、プレミア本はそれなりの評価をしてもらえます。
流れとしては、ネットで申し込めば指定の宅配買取キットが自宅に届くのでそれに漫画を詰めて送り返すだけです。
後日査定の結果がメールで送られてくるので、OKすれば即日買取金額を振り込みしてもらえると非常に簡単です。

関連する記事