相続税対策として贈与について知っておこう

あなたは相続税対策を行っていますか?早めに対策をしましょう。 - 相続の贈与についてのいろいろ

更新情報

アーカイブ

相続税対策

相続の贈与についてのいろいろ

相続税が改正され、以前とは関わりがなかった方でも関わりがある気になることになってきた相続税ですが、その相続税対策についていろんな方法があります。ここでは、この中で贈与について関係する事や、知っていいて損はない事を紹介いたします。

はじめに、「遺贈」

簡単に言えば、相続人が財産をもらえる事を知らないで一方的に財産を与えるのが遺贈になります。遺言で、財産の一部やすべてを、相続人又は相続人以外の人に無償で贈与(譲渡)することをいます。遺言者が死亡した時に遺言で法定相続人以外の者に財産を取得させたりなどということがあります。この遺言書が大きな役割を担います。

次に、「死因贈与」

自身が死んだ際に誰に財産をあげるのか、亡くなっ人が生前に契約で決めているものをいいます。契約になりますので相手(受贈者)の承諾が必要です。贈与者の死亡によって効力が発生し、口約束であったとしても成立します。ですが、この口約束は証拠能力が乏しいことからのちに、トラブルに原因になります。このようなトラブルを避けるためにも契約の意思を明確にする書類を作成し、財産を受け取る人も、その旨を記載した書類があると、トラブルを避ける事ができます。「遺贈」とは大きく異なることは、一方的に財産を与えるのではなく、契約によって受け取る財産や受け取る人が明らかになっているところが違いです。

そして、生前贈与

ghshtsr
近年この言葉をよく聞くようになりました。相続税改正に伴い、様々な方法が紹介されたりしている中で、この方法が専門知識や難しい書類や手続きなどもそんなに必要なく、いろんな方法の中で比べると、ある程度の知識で可能な方法といえます。その方法は簡単に、もらう人1人当たり年間110万円(基礎控除)まで贈与税がかかりません。このことを利用し、被相続人が死亡する前に自身の意思で相続人に財産を渡すことになります。生前贈与で、誰でもよい特定の人に財産を譲り渡して自分の死亡後の争いをできるだけ防ごうとするための方法にも役立ちます。
相続税について知るまえに、いくつかの相続税に関係する専門用語を知っておくことが必要です。本や資料、ネットでみていて意味が理解できない専門用語があります。相続税に関することは分かるのですが、どういう意味なのかは理解できていません。ここでは、相続税に関わる、専門的な用語の定義を簡単に説明し紹介します。用語を理解して読み解くことで、損をしない相続についての知識を深めましょう。

まずは、相続税について

相続税とは、ある人が亡くなったとき、その人(被相続人)の財産を一定範囲の親族(相続人)に受け継がせる税金のことです。財産には、預貯金、有価証券、動産などのプラスとなる財産のほかに、借入金や未納の税金といったマイナスの財産も該当されます。

相続税には種類がある

・単純承認 全ての財産を引き継ぐこと
・限定承認 責務の責任範囲内を借金ではないプラスの財産の範囲にとどめること
・財産放棄 全ての財産を引き継がない、放棄することがあります。
但し、限定承認と財産放棄を選択する場合は相続の開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し出らなければなりません。

相続税には基礎控除というものがある

相続税は課税遺産総額が「基礎控除額」を上回った額に対して課税されます。基礎控除額の範囲内であれば課税されません。

相続税の改正

2015年1月1日から相続税の基礎控除額が引き下げられることが決定し、基礎控除額が4割縮小されました。これにより、今までは基礎控除額が相続財産の評価額を上回り、課税の対象とならなかった人も、納税の対象となるケースがあります。

みなし相続財産

本来は相続財産ではないのですが、被相続人の死亡を原因に、相続人もとに入ってきた財産を税法上、「みなし相続財産」として扱います。死亡保険金などの場合、民法上は亡くなった人の財産ではなく、契約上、死亡により受取人に指定された者が受け取る財産のことを主にいいます。

Copyright(C)2015相続税対策として贈与について知っておこうAll Rights Reserved.